エストロゲンの重要な役割とは?

エストロゲンの効果について

エストロゲンが女性の一生涯で分泌される量は、わずかスプーン1杯程度です。エストロゲンが作られるようになるのは、思春期に入って初経(初潮)を迎えたあたりからです。その後、急激に量が増えて、20代~40代前半にピークを迎え、妊娠や出産、授乳に適した状態になり、50歳前後から分泌量は徐々に減っていきます。
20 歳前後の女性のバストやボディラインが美しいのはエストロゲンの効果によるものです。ハリのあるバスト、なめらかなボディライン、みずみずしい肌、ツヤのある髪など、女性が若く美しくあるために不可欠 なホルモンといえます。まさに女性ホルモンというにふさわしい効果ですね。その他、エストロゲンの効果としては自律神経を整え気持ちを安定させる、血行を促進させ、冷え性・むくみを予防する。骨を丈夫にし、骨粗しょう症を予防する。善玉コレステロールを増やし、動脈硬化予防脳の活性化する・・・などがあります。

こうやってみると、医学的な治療にも役立つのではないかと思われますが、じつはそう単純ではないようです。動脈硬化を防ぐなどの効果があるからといってエストロゲンを投与すると、女性化や乳癌のリスクなど副作用の問題が伴うというのです。ですからそれを活用した薬や治療法の開発がなかなか進まないというのが現状らしいです。

TOPPAGE  TOP 
RSS2.0