エストロゲンの重要な役割とは?

エストロゲンの数値について

エストロゲンの数値は測定することで卵巣機能のチェックができます。更に、エストロゲンはエストロン、エストラジオール、エストリオールの3つに分けられ、このうち最も重要なのが

「 エストラジオール 」 であり、一般的にエストロゲン数値はこのエストラジオ―ルを測定したものです。

エストロゲンは 主に卵巣から分泌され、妊娠中には 非妊娠時の20倍以上の高値を示します。エストロゲンの数値は目安ですが、周期によっての基準値があります。非妊娠時において、卵胞期25 ~ 195、排卵期66 ~ 411、黄体期40~ 261、閉経後40以下で、単位は「 pg/ml( ピコグラム バー ミリリットル )」 です。これが基準値なので、これより低いと無月経 、不妊症 、卵胞発育不全、黄体機能不全、更年期障害などの卵巣機能として測定されます。

エストロゲンの数値を基準値にしたいということでは、様々な治療がありますが、まずは手っとり早く食事から摂取できます。豆乳、納豆などの大豆食品には、イソフラボンが 多量に含まれています。イソフラボンはエストロゲンと類似した作用をしますので、食生活の中に取りいれ毎日摂取することで数値のアップに期待できるようです。

TOPPAGE  TOP 
RSS2.0