エストロゲンの重要な役割とは?

エストロゲンの副作用は?

エストロゲンは更年期を迎える年齢、40代半ばあたりから卵巣機能の低下により分泌が減少してきます。女性の身体に大切なホルモンなので、減少すると身体のあちこちで不調がでてきます。これがいわゆる更年期や更年期障害と呼ばれるものなのですが、減少した分は摂取して、不調の時期を乗り越えていく事が大切になってきます。


しかしエストロゲンを過度に摂取したりホルモン補充療には副作用がでる場合がありますから、これについてはしっかりと理解しておきましょう。まずエストロゲン製 剤を5年以上使用すると、わずかですが、「乳ガン」の発症率が高くなります。ですからホルモン補充療法中は半年から1年に1度、乳ガンのの検査を行いま す。そのほか、摂取治療中に乳房が張って痛んだり、不正出血が起こることもあります。また、気になるような場合は、薬の種類を替えたり、服用量を調節することなどで対処できます。ごくまれですが、血液が固まりやすくなる「血栓症」をおこることもあります。

さらに、女性ホルモンの影響が大きい子宮筋腫や子宮や子宮内膜症の病気がある場合は、経過を観察しながら、慎重にエストロゲン補充療法を行っていく必要があります。どうしても副作用が気になるようなら、深刻な症状でない限りは食品などでバランス良く摂取していくのがよいかもしれませんね。

TOPPAGE  TOP 
RSS2.0