エストロゲンの重要な役割とは?

エストロゲンを増やす

エストロゲンの数値について

エストロゲンの数値は測定することで卵巣機能のチェックができます。更に、エストロゲンはエストロン、エストラジオール、エストリオールの3つに分けられ、このうち最も重要なのが


エストロゲンの正常値

エストロゲンの正常値は、これが決定的!という確実なものはありません。というのは、ホルモンの分泌量は個人差があり、また、周期によっても数値が異なってくるからです。数値を測定するのは血液検査で、血中の濃度を分析します。あくまでも目安ですが、


エストロゲンの副作用は?

エストロゲンは更年期を迎える年齢、40代半ばあたりから卵巣機能の低下により分泌が減少してきます。女性の身体に大切なホルモンなので、減少すると身体のあちこちで不調がでてきます。これがいわゆる更年期や更年期障害と呼ばれるものなのですが、減少した分は摂取して、不調の時期を乗り越えていく事が大切になってきます。



エストロゲンの効果について

エストロゲンが女性の一生涯で分泌される量は、わずかスプーン1杯程度です。エストロゲンが作られるようになるのは、思春期に入って初経(初潮)を迎えたあたりからです。その後、急激に量が増えて、20代~40代前半にピークを迎え、妊娠や出産、授乳に適した状態になり、50歳前後から分泌量は徐々に減っていきます。
20 歳前後の女性のバストやボディラインが美しいのはエストロゲンの効果によるものです。ハリのあるバスト、なめらかなボディライン、みずみずしい肌、ツヤのある髪など、女性が若く美しくあるために不可欠 なホルモンといえます。まさに女性ホルモンというにふさわしい効果ですね。その他、エストロゲンの効果としては自律神経を整え気持ちを安定させる、血行を促進させ、冷え性・むくみを予防する。骨を丈夫にし、骨粗しょう症を予防する。善玉コレステロールを増やし、動脈硬化予防脳の活性化する・・・などがあります。


エストロゲンを増やすには?

エストロゲンを増やすには、サプリや食べ物で増やす方法と、生活習慣を見直し気にかけることで身体の中から分泌を促す方法があります。もともとエストロゲンは女性には誰でももっているホルモンですが、ダイエットや不規則な生活、そして加齢による卵巣機能低下などで減少する事は必至です。

 



Page: 1
TOPPAGE  TOP 
RSS2.0