エストロゲンの重要な役割とは?

エストロゲンの分泌

エストロゲンの分泌は思春期以降に増加し、40代半ばくらいになると分泌低下が始まります。思春期になると、脳内にある視床下部から脳下垂体刺激ホルモンが分泌されます。脳下垂体は、このホルモンによって刺激を受け、性腺刺激ホルモンを分泌し、これが細血管から血液循環を通じて卵巣へと運ばれます。

そして卵巣が運ばれてきた性腺刺激ホルモンの指令を受けてエストロゲンを分泌するということになります。これにより生理が始まり、妊娠可能な女性としての機能を持ちます。繰り返される女性周期の中で、エストロゲンは排卵の準備をする時に必要となるホルモンなので、生理の終わり頃から排卵前に分泌が高まります。この時期を「卵胞期」と呼びます。

卵巣の中の原始卵胞が発育し、成熟卵胞になる期間ですね。この成熟卵胞がエストロゲンを分泌して、子宮の内膜を増殖させるように働きます。そして卵胞期こそ、ひと月のうちで身体も心も快調で、お肌の状態もいい時期なんです。エストロゲンの分泌はこのように、女性の身体に大きな影響を与えるので、この周期を知った上で自分のスケジュールを立てるのも大切ですね。

TOPPAGE  TOP 
RSS2.0