エストロゲンの重要な役割とは?

子宮筋腫とエストロゲン

子宮筋腫とは筋肉と線維組織からなる良性の腫瘍のことです。30歳以上の女性の20~30%にあるといわれる頻度の高い病気で、婦人科の腫瘍の中で最も

頻度が高いと言われています。子宮筋腫と聞くと「ガン」と結びつけて考えてしまう方が多いようですが、良性の腫瘍ですからガンのように組織の破壊や転移と いったことはありませんし、命を直接脅かすこともありません。また子宮筋腫であるからガンになりやすいといった事もありませんので、必要以上に不安がら ず、適切な治療をすることです。筋腫のできる原因は実はわかっていません。しかし子宮筋腫は性成熟期(20~50歳代)に大きくなり閉経後、小さくなる事などから、卵巣からでるエストロゲンが筋腫の発育に深く関係しているといわれています。子宮筋腫は、思春期のころ子宮に筋腫核という小さな芽ができ、エストロゲンの影響でしだいに大きくなるのです。

成長速度は人によりまちまちで短期間で大きくなったり、20~30年たってもあまり大きくならない人もいます。そして、エストロゲンの働きが低下する閉経期にだんだん小さくなっていきます。対処法には経過観察、薬物療法、手術療法の3つがあり、その人の症状やライフスタイルなどで決めるようですね。

TOPPAGE  TOP 
RSS2.0