エストロゲンの重要な役割とは?

ピルとエストロゲン

ピルは合成卵胞ホルモン(エストロゲン)と合成黄体ホルモン(プロゲストーゲン)の合剤です。服用することによりエストロゲンとプロゲストーゲンの血中レベルが上がります。すると脳が

これを妊娠と錯覚し、排卵を促すホルモンを出さなくなります。排卵がなければ妊娠はしませんから、これがピルの避妊効果であり、実はこのように脳にはたらきかける薬です。

ピルはエストロゲンの含有量によって、低用量、中用量、高用量に分けられます。高用量ピルは1錠中のエストロゲンの量が50μgより多いもの、中用量は50μgのもの、そして低用量はエストロゲンが50μg未満のものとなります。ピルは医師の診断を受けないと処方されませんから、使う時には必ずその目的や自分の体質などをしっかりと話してください。

避妊の目的だけではなく、ピルは様々な女性の身体の悩み治療のためにも使われます。ピルを服用している間は、排卵後から生理が来るまでの状態ないしは・妊娠している時と同じ状態ということですから、これを利用してホルモンバランスが崩れているために起こる不正出血、予定生理をずらしたい、生理不順、生理が来ないので生理を起こしたい、生理痛がひどい、月経前緊張症に対してなどの治療として使えるということです。

TOPPAGE  TOP 
RSS2.0