エストロゲンの重要な役割とは?

エストロゲンと骨の関わり

エストロゲンは骨密度の低下を防ぐ作用があるといわれています。骨は、破骨細胞が古い骨を破壊する「骨吸収」と、骨芽細胞が新しく骨をつくる「骨形成」を繰り返す、骨の新陳代謝 -- 骨代謝 -- がおこなわれることによって成り立っています。


加齢などによって、このバランスが崩れて、破骨細胞による骨吸収が、骨芽細胞による骨形成を上回ると骨粗鬆症になります。骨粗鬆症とは骨の骨密度が低下 し、スカスカになるという病気ですね。エストロゲンは骨芽細胞の働きを促進して、破骨細胞の働きを抑制します。この作用は骨代謝のバランスを保ち、それに より骨量を一定に保つ働きがあることが確かめられているのです。

エストロゲンは骨には欠かせないものですが、このホルモンは卵巣機能が老衰すると分泌量がだんだん減少します。女性が閉経後に骨量が急に減少するのは、閉経するとエストロゲンの分泌量がぐんと減少してしまうからなんですね。ならば、エストロゲンを治療薬に用いればいいのでは?と思いますが、実はエストロゲンは乳がん・子宮がんのリスクを増大させてしまいますので、長期投与ができないんです。骨粗鬆症の治療のためにガンのリスクを背負うのは考えられませんから。そうするとカルシウムなどを積極的に摂取し骨密度を下げない食生活などが大切になってくるという事です。

  

TOPPAGE  TOP 
RSS2.0