エストロゲンの重要な役割とは?

エストロゲンの作用

子宮筋腫とエストロゲン

子宮筋腫とは筋肉と線維組織からなる良性の腫瘍のことです。30歳以上の女性の20~30%にあるといわれる頻度の高い病気で、婦人科の腫瘍の中で最も


ピルとエストロゲン

ピルは合成卵胞ホルモン(エストロゲン)と合成黄体ホルモン(プロゲストーゲン)の合剤です。服用することによりエストロゲンとプロゲストーゲンの血中レベルが上がります。すると脳が


エストロゲンと骨の関わり

エストロゲンは骨密度の低下を防ぐ作用があるといわれています。骨は、破骨細胞が古い骨を破壊する「骨吸収」と、骨芽細胞が新しく骨をつくる「骨形成」を繰り返す、骨の新陳代謝 -- 骨代謝 -- がおこなわれることによって成り立っています。



エストロゲンの分泌

エストロゲンの分泌は思春期以降に増加し、40代半ばくらいになると分泌低下が始まります。思春期になると、脳内にある視床下部から脳下垂体刺激ホルモンが分泌されます。脳下垂体は、このホルモンによって刺激を受け、性腺刺激ホルモンを分泌し、これが細血管から血液循環を通じて卵巣へと運ばれます。


エストロゲンの作用について

エストロゲンは女性の卵巣でつくられる女性ホルモンで「卵胞ホルモン」と呼ばれています。エストロゲンの作用によりで女性特有の月経や妊娠が発生し促進されます。肌をつややかにし、髪の毛を豊かにし、張りのある乳房にするなど身体を女性らしくする以外に、血管や骨も強くなり、脳や自律神経の働きをよくするなど健康を保つ作用もあります。



Page: 1
TOPPAGE  TOP 
RSS2.0