エストロゲンの重要な役割とは?

エストロゲンとプロゲステロン

エストロゲン(卵胞ホルモン)もプロゲステロン(黄体ホルモン)も女性ホルモンのひとつであり、特に代表的なホルモンです。エストロゲンは、女性  の第二次性徴の発現、生殖機能維持や卵胞の成熟、排卵促進、子宮内膜の増殖などの役割を果たし、簡単にいうと「女性らしさのホルモン」です。

 

一方のプロゲステロンは、卵胞発育、子宮内膜の肥厚、妊娠持続作用などの役割を果たす、いわゆる「妊娠のホルモン」になります。このエストロゲンとプロゲステロンの二つの女性ホルモンの働きにより、月経が起こって妊娠出産が可能になります。 20~30歳で卵巣の働きがピークに達し、45歳くらいからその働きは低下し始め、更年期になると急激に低下します。

このふたつのホルモンは、正常な性周期において分泌状態が変化します。具体的には、排卵前にエストロゲンが徐々に増量し一時的にピークを迎えた後に減少し、排卵後にはエストロゲンとともにプロゲステロンが増量するということ、そして生理前になると両ホルモンが急激に減少していきます。この、月経周期に伴って二種類のホルモン量が変化することが「ホルモンのバランス」であると考えてもよいでしょうね。そしてこのホルモンバランスが女性がイキイキと元気で美しくいられる事の大切な要素になっています。

TOPPAGE  TOP 
RSS2.0