エストロゲンの重要な役割とは?

エストロゲンと排卵

エストロゲンは直接排卵を促しているホルモンではないです。ちょっとややこしいのですが、排卵とは十分に成長した卵胞から卵子を出す事です。
卵胞とは卵子の元ですから、エストロゲンは

この卵胞をしっかりと作り上げるホルモンであり、実際に排卵させるホルモンはLH(黄体化ホルモン)となります。ですから、エストロゲンは排卵の準備をおこなうとういう事になりますね。

生 理が終わってしばらくすると、女性の体は次の排卵の準備をします。脳の視床下部というところから性腺刺激ホルモン放出ホルモンが分泌されます。このホルモ ンは、脳の下垂体に卵胞刺激ホルモや黄体化ホルモンの分泌を指令します。この卵胞刺激ホルモンが卵巣へ分泌され、卵胞(卵子の元)を刺激します。それによ りいくつかの卵胞が大きくなり、この時エストロゲンが分泌されるのですね。血液の中を通って子宮に到達し、血液中にエストロゲ  ンの量が多くなると、脳 の視床下部では「卵胞が十分成熟し、子宮内膜での妊娠の準備も進んでいる。」と判断し、脳の下垂体に、黄体化ホルモンの分泌を指令します。

このホルモンが多くなると基礎体温で高温期にはいり、十分に成長した卵胞を、ポンと破裂させて排卵になるということです。排卵後の卵巣では、LH(黄体化ホルモン)が新しい細胞(黄体)を作ります。この黄体から、黄体ホルモン(プロゲステロン)が分泌され、妊娠継続の子宮環境がさらに整えられるということになるのです。

TOPPAGE  TOP 
RSS2.0