エストロゲンの重要な役割とは?

生理とエストロゲンの関係

生理を伴う、月経周期・排卵はエストロゲンだけではなく、いくつかのホルモンによって調節されています。生理周期は、まずホルモンの分泌に関する指令を「脳」から送ることによってスタートします。生理が終わってしばらくすると、女性の体は次の排卵の準備をします。

 

脳の視床下部から性腺刺激ホルモン放出ホルモンが分泌されます。このホルモンは、脳の下垂体に卵胞刺激ホルモンや黄体化ホルモンの分泌を指令します。卵胞刺激ホルモンによって卵胞が刺激され、いくつかの卵胞が大きくなり、その時に卵胞ホルモンであるストロゲンが分泌されます。ここで分泌されたエストロゲンは、血液の中を通って子宮に到達し子宮内膜を成長させ、妊娠のための準備をします。

また同時にプロゲステロンが妊娠継続のために分泌されますが、受精がなかった場合、排卵からおよそ二週間程でエストロゲンによって成長し厚くなっ  た子宮内膜は剥がれちます。これが生理というわけですね。つまりエストロゲンは生理の元になる子宮内膜を厚くするホルモンというわけです。きちん  と生理があるということは、エストロゲンが分泌されているという訳ですが、生理があるからといって必ず排卵があるとは限らない場合もあります。排  卵をおこすホルモンはプロゲステロンという黄体ホルモンです。ですから、妊娠を希望する場合は、両方のホルモンバランスが重要ということですね。

TOPPAGE  TOP 
RSS2.0