エストロゲンの重要な役割とは?

更年期とエストロゲンの関係

更年期というのは女性の一生を5つの時期に分類したとき、熟年期と老年期の間にくる時期で、老いのための準備期間といえます。年齢的には45歳~55歳ぐらいの間で、この時期におこる女性特有の身体の変化や不調を更年期障害と言います。そしてこれに直接関わってくるのがエストロゲンなのです。

 

というのも、閉経を迎えるにあたって、エストロゲンの分泌量が減少するのが更年期障害の原因だと言われています。女性は更年期に入ると閉経など、生殖に関連する卵巣機能が退化していくのですが、この時にエストロゲンの分泌量も減少し、それによって体内の機能に不調が起こるというのが更年期障害の基本的なメカニズムなのです。

更年期障害の症状はいろいろありますが、主にめまいや血圧の上下、身体のほてり、だるさ、いらつきや情緒不安定などの症状です。更年期障害の治療はホルモン療法が主流ですが、実はエストロゲンを単独で長期間投与すると乳ガンや子宮内膜ガンにかかる可能性が大きくなるため、最近では使用を問題視する声もあるようです。ですから、不足したエストロゲンを補うホルモン様物質として大豆イソフラボンやマカ、亜麻リグナン、ザクロの種子が知られていて、これらを食事やサプリとして摂取する事も勧められています。

TOPPAGE  TOP 
RSS2.0