エストロゲンの重要な役割とは?

エストロゲン注射

エストロゲンの減少による更年期障害のホルモン療法のひとつとして、エストロゲン注射があります。エストロゲンホルモン注射とも言います。ダイレクトに投与するので、これによりつらい更年期障害の症状が緩和するという実例もあり、効果はあるようです。しかし、副作用も同時に問題視されていますから、慎重な姿勢が必要です。

エストロゲンは、エストロゲン依存性の乳ガンなど、その疑いのある患者さんには、腫瘍を悪化させることがあるので、投与してはいけないことになっています。 また血管内で血液が固まる血栓性の静脈炎や肺栓塞症、さらにその経験のある人も、血栓のできやすくなるため投与できません。子宮内膜症やその経験のある人も症状が悪くなる恐れがあるので、投与を控えなければなりません。

一般的にホルモン治療は、エストロゲン注射の単独よりも、男性ホルモンや黄体ホルモンを混ぜた注射や、内服薬を出して治療することの方が多く、その方が副作用が少ないと考えられているようです。ホルモン療法は、注射に限らず様々にありますから、専門医にしっかりと相談して、身体に負担がかからない安全で無理のない治療で症状を改善していくことをお勧めしたいですね。
  

  

  

TOPPAGE  TOP 
RSS2.0