エストロゲンの重要な役割とは?

エストロゲンと骨粗鬆症

エストロゲンの減少による症状として代表的に挙げられるのが骨粗鬆症です。これは骨から主成分のカルシウムが溶け出してしまうために、その中にある

骨組織(骨量、骨密度)が減ってしまった状態です。つまり、骨の大きさは変わらないのに、骨の中が軽石やスポンジのようにスカスカになって、非常にもろくなってしまうということです。

骨 が生まれ変わるために重要な働きをしているのは、「破骨細胞」と「骨芽細胞」の二つの骨細胞なのですが、実はエストロゲンは、破骨細胞が骨を分解する速度 を調整して骨量を維持する働きがあるのです。これにより骨は骨密度と骨量を一定に保てていたわけです。しかし閉経などでエストロゲンが急激に減少し、その 結果、このバランスが崩れて骨粗鬆症になってしまうのですね。

エストロゲンの補充やまたカルシウム補充などで、骨を守らなければなりません。カルシウムの吸収と骨を強化し、老化の促進を防いでくれるのがビタミンDです。ビタミンDが不足するとカルシウムを摂取してもそのほとんどが体外へと排泄されてしまいます。 そんなビタミンDは、太陽光線と食事から得られます。 ビタミンDは、太陽光線を浴びると体内でつくりやすくなる特徴があります。十分な太陽光線を浴びるだけで、一日に必要なビタミンDを摂ることができるので、ちょっとした散歩が大切なカルシウム補充になっているといえますね。

TOPPAGE  TOP 
RSS2.0