エストロゲンの重要な役割とは?

エストロゲンが減少すると

エストロゲンは卵巣機能の老衰により、分泌が減少してきます。年齢的に45歳くらいから急激に始まり、これがいわば更年期のスタートと考えられています。このエストロゲンの減少は、様々な身体の変化や不調などの症状として現れます。この最大の変化が更年期障害です。


女性ホルモンの急激な減少に対し、視床下部はあわててホルモンを分泌を脳下垂体に命令し、なんとか卵巣を働かせようとしますが、機能が衰えた状態  の卵 巣には対応は無理なんですね。命令がうまくいかない視床下部は一種のパニック状態になります。このパニックが自律神経の働きを乱すモトとなり  、その自 律神経障害が、更年期の不定愁訴(ほてり・発汗・動 悸などの様々な不快症状)になるのです。

エストロゲンの減少はこれ以外に、繊維筋痛症、骨粗鬆症、などの病気が挙げられます。また、更年期を迎えた年齢に限らず、若い年代の女性にもエストロゲンの減少は起こるのです。原因は過激なダイエットによる栄養不足やストレスによって視床下部にダメージを受ける、、などです。これによりエストロゲンの分泌が減少し、時には無月経になってしまうこともあります。 これが若年性更年期です。エストロゲンは女性にとって大切なホルモンですから、バランスよく分泌できる健康な生活を心身共に心掛けたいですね。
  

TOPPAGE  TOP 
RSS2.0