エストロゲンの重要な役割とは?

女性ホルモンの代表エストロゲン

女性ホルモンとは女性の卵巣から分泌されるホルモンで、卵巣から分泌される卵巣ホルモン(エストロゲン)と、排卵後に卵胞から変化した黄体から分泌される黄体ホルモン(プロゲステロン)のふたつがあります。そのうちのエストロゲンとは卵巣や子宮、膣など女性生殖器の発育を促進させる働きがあります。

 

もちろん生殖機能だけではなく、まず思春期には乳腺を発達させ、骨盤の発達など女性的な骨格をつくります。その後の第二次成長で、皮下脂肪をたくわえるといった「女らしい身体」をつくりあげるという働きになってきます。さて女性ホルモンですが、女性にしか分泌されないホルモンかといえば、実はそうではなく、男性も体内で作っているのです。

男女の役目がきちんとできるように、男女の身体のなかではそれぞれ違った場所に集まるようになっていますし、もちろん量も違っています。当然、男性に女性ホルモンは微量ですが、その女性ホルモンのエストロゲンが男性に及ぼす影響は育毛、動脈硬化予防、アルツハイマー予防などが言われていて、医学的に研究がすすめられています。人間は女性ホルモンと男性ホルモンの微妙なバランスにあってこそ、性機能を含めて身体と生命が成り立っているのですね。

TOPPAGE  TOP 
RSS2.0